プロポーズの際にサプライズで婚約指輪を渡すのはもう古い!?

給料の3か月分という高額な婚約指輪

プロポーズと同時に男性から女性に差し出すのが婚約指輪です。そうはいってもこれは単なるイメージであって、プロポーズと婚約指輪は別とするカップルも多いようです。そもそもプロポーズをしてふられてしまった場合、せっかく用意していた指輪はパーになってしまいます。婚約指輪は給料の3か月分と言われるほど高価なものが多いので、そう簡単に購入できる代物ではありません。そのためプロポーズにオーケーが出てから購入する男性が多いのです。

そもそもサイズが違ってはめられないケースも

婚約指輪をプロポーズと同時に差し出さない理由にはサイズ違いの問題があります。普段から彼女に指輪などをプレゼントしてサイズを熟知しているならいいですが、そういった男性はそれほど多くないでしょう。指輪はネックレスやブレスレットとは違ってサイズが違うとそもそもはめられません。せっかく渡した婚約指輪が彼女の指にはまらないとなるとその場の雰囲気がしらけてしまいます。それにデザインには好みもあるのでサプライズではなく一緒に買うカップルが増えているのです。

プロポーズの後に一緒に選ぶのが今の流行

婚約指輪はプロポーズの後に一緒に選ぶのが今の主流の方法です。それでもサプライズが好きな男性はプロポーズと同時に差し出すといった演出をすることもあるようです。サプライズ用でサイズ違いや、デザインも交換できる指輪もあるので、サプライズ好きなカップルはこういったものを利用するといいでしょう。そうでないならプロポーズが成功した後、彼女と相談をして一緒に選ぶといいでしょう。その際は結婚指輪と重ね付けのシチュエーションも考えて、デザイン的にも無難なものがいいのかもしれません。

相手に結婚を申し込むことをプロポーズと言い、日本語では求婚と言います。日本で行われている求婚の方法として最もポピュラーなのが男性が女性に婚約指輪を渡すというものです。男性の側からの求婚が多いですが、女性から求婚することも可能ですし、同性婚が合法化されている国では同性に対して求婚をすることもあります。