こんなにかかるの!結婚式の費用はいくら?

いくら用意しておけば安心?

これから結婚式を考えているカップルに気になるのはまず結婚式にかかる費用ですよね。結婚式は高額!というイメージをお持ちのかたが多いと思います。では実際にかかる費用の全国平均はいくらぐらいなのでしょうか?リクルートの結婚情報誌ゼクシィによるとその費用はなんと354.9万円!(ゼクシィ結婚トレンド調査2012)。この金額を見てしまうと最近の若い人たちが結婚式に尻込みしてしますのも納得してしまいますよね。

何にそになにお金がかかるの?

なぜ結婚式は300万円以上もお金がかかるのでしょうか?結婚式にかかる費用の内訳を見てみますとやはり一番かかるのは招待客への食べ物・飲み物の費用です。結婚式場によって様々なプランがあり、招待客数にもよるので一概には言えませんが一人あたり平均1.8万円ぐらいは見ておいたほうがよいでしょう。その他にも衣装代・挙式料、写真代などがかかり、また出席していただいた招待客への引き出し物・プチギフト代などの費用も発生します。

300万円貯金しないと結婚式はできない!?

ひょっとするとこれだけの費用・手間などを考えると結婚式を諦めてしまうかもしれませんね。ただ諦めるのはまだ早い!結婚式はお金が出て行くばかりではないのです。披露宴では「招待客の人数×ご祝儀」がいただけます。ご祝儀の平均は3万円ですし、ご両親の援助・ご親族からのお祝い金などもあるので2人の貯蓄+両親の援助+ご祝儀が資金になります。最近ではインターネット上のサイトでも結婚式の見積りを行えますので簡単に費用を調べることもできますよ。

長崎には魅力的なお店が豊富に存在しており、グループ利用に対応しているお店も充実しています。そのため、長崎の二次会を行う際にお店選びを行う場合でも、利用人数や予算、エリア、料理のジャンルなど、様々な条件をもとに最適なお店を選ぶことができます。なお、お店を利用する際には、事前に予約を行うことで、よりスムーズに利用することができます。